初めてのキャッシング 審査に通るとは限らない?

キャッシングに通りやすい人というと、信用情報の面では

  • 他社での借入がない
  • 今までに返済の遅れなど金融事故がない

という人になるかと思います。
そうなりますと、初めてキャッシングする人というのは審査にかなり有利なのでは?と思われるかもしれません。確かに、初めてキャッシングを利用する方のほうが信用情報もまっさらですし一番審査に通りやすそうなイメージがありますが、必ずしもそうとは限らないのです。

 

キャッシング会社がお金を貸したい顧客というのは、「よく借りてよく返してくれる人」です。長い期間、繰り返し借入をしてくれるような人を顧客にしたいと考えています。そのため、キャッシング審査ではこれまでに「よく借りてよく返す」借入の実績があり、複数借金を抱えていない方の評価が実は高くなるのです。

 

信用情報では、金融事故暦がある方を「ブラック」などと呼びますが、これに対して信用情報がまっさらな方のことを「スーパーホワイト」などと呼びます。これは、今までにキャッシングだけでなく、クレジットカードや分割払いなどを一度も利用したことがなく、信用情報にデータが存在しない方のことです。

 

若い方でしたら、クレジットカードを持っていない、分割払いを利用したことがないという方もいらっしゃるでしょうしそう珍しくもないでしょう。しかしスーパーホワイトは、ある程度の年齢なのにクレジットカードや分割払い、キャッシングの履歴がなく、信用情報がまっさらな人のことです。金融機関としてはこうした人は要注意人物と判断されてしまいます。

 

キャッシング会社は無担保・保証人なしで個人の信用をもとにお金を貸すサービスです。そのため、個人の信用のもととなる情報が一切存在しないとなると、審査を正当に行うことができなくなってしまいます。他社借入が多い方や金融事故暦がある方と比べれば、はじめてキャッシングを利用する方のほうがもちろん有利ではありますが、スーパーホワイトの方となりますと審査に通りづらいことがあるかもしれません。

 

スーパーホワイトの方の場合、まずは信用情報に履歴を残すことが必要です。一番いいのは携帯電話の分割払いです。これで、信用情報に利用履歴が残ります。今後借入を考えているスーパーホワイトの方は、少しでも早くこの方法でクレジットヒストリーを作っておきましょう。